【症例】ゴルフによる肘の痛み 50代男性

主訴

  • 半年前にゴルフをやり過ぎて痛みが出た。
  • その後我慢してゴルフを続けていたら、治らなくなった。
  • 病院では、筋肉の張りと言われた。
  • 2ヵ月後にゴルフをするので、それまでに治したいと思い、来院。

症状

物を持って肘の曲げ伸ばしをすると痛い。

押さえて痛みはない。

トリガーポイント鍼療法

  • 腕橈骨筋トリガーポイント
  • 総指伸筋トリガーポイント

施術部位

腕橈骨筋、総指伸筋、橈側手根伸筋、上腕骨外側上顆など

ゴルフをしていますが、テニス肘の状態です。

手首の動き、肘の曲げ伸ばしにより、肘外側の骨やその近くの腱に痛みの原因ができます。

運動検査により、腕橈骨筋などの前腕伸筋の腱のトリガーポイントが原因と考え、施術しました。

症状経過

1回目:鍼に恐怖心があり、細い鍼で刺激量も抑えて施術。

2回目:そこまで変化はない。肘の奥の方が痛い。

3回目:筋肉の硬さが減ってきたが、痛みはある。

4回目:物を持ったときの痛みが減った。

5回目:日によって良かったり悪かったり。痛みは減っている。

6回目:良くなっている。あと一息というところ。

7回目:痛みなし。終了。

まとめ

週一の間隔で鍼治療しました。

治療期間中は、ゴルフを中止していただきました。

今回の症例は、使い過ぎによる痛みなので、使わなければ痛みがとれます。

鍼治療をすることで痛みの改善スピードを上げることが可能です。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。