【症例】手首を反らすと痛いテニス肘 50代男性

主訴

  • 1ヵ月前から、テニスと仕事で肘の外側が痛くなった。
  • 3週間テニスを休んで再開したが、痛みがとれていない。
  • 仕事で本棚から物を抜き取る作業を繰り返していることが、肘の負担に繋がっていると考えている。

症状

特に手首を反らすと痛い。

前腕の筋肉及び、肘外側の骨の出っ張り(上腕骨外側上顆)を押すと痛い。

トリガーポイント鍼療法

  • 上腕骨外側上顆炎
  • 総指伸筋トリガーポイント

施術部位

上腕骨外側上顆の骨膜、腕橈骨筋、橈側手根伸筋、総指伸筋など

仕事で痛みを感じなくなるまでテニスは中止し、治療に専念するように伝えました。

検査の結果、上腕骨外側上顆(骨の出っ張り)と前腕の筋肉に原因があると考え、トリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:しっかり響かせる。

2回目:前回より痛みが軽減した。外側上顆の痛みが強い。

3回目:良くなっている。仕事で痛みがまだある。

4回目:調子良い。仕事が連休だったせいか。

5回目:痛みは多少あるが、痛みの強さが弱くなった。

6回目:間が空いたが、悪化せず安定している。終了。

まとめ

週2回で施術を行い、良くなってからは週1で鍼治療をしました。

テニスを一時中断することで、肘への負担を仕事だけとしたことが早期改善に繋がりました。

しっかり治すためには、痛みの出る動作を控えることが大切です。

今では、痛みなくテニスができているようです。

同じような症状でお困りの方は、ご連絡ください。

テニス肘について詳しくはこちら

テニス肘

この記事に関する関連記事