【症例】楽器を弾くことによる手術レベルの腱鞘炎 50代女性

主訴

  • 1年前から右手首が痛くなった。
  • 日常的に楽器を弾くのでそれが原因と考えられる。
  • 整形外科で腱鞘炎と診断された。
  • ステロイド注射をしてもなかなか治らないので手術を勧められたが、納得できないので当院へ来院。

症状

右手首の親指側が痛い。(ドケルバン病)

半年前から悪化している。

手首をかばって肘、肩まで痛みがある。

日常生活では、箸を持つ、物を持つなどで痛みがある。

安静時は大丈夫だが、親指を動かすと痛い。

患部を押すと局所に痛みが走る。

楽器を中止するつもりはなく、やりながら治したいとのこと。

楽器歴3年。

トリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法

施術部位

長母指外転筋、短母指伸筋、局所の腱、前腕伸筋、三角筋、棘下筋など。

痛みの局所に集中して、その他は全体的にトリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:鍼治療は初めてだが、しっかり響かせる。

2回目:肩の痛みが減少。親指はこわばりがある。

3回目:起床時のこわばりがなくなった。しっかり練習できている。

4回目:物を持つのが楽になった。

5回目:楽器を演奏時のみ痛みがあるが、日常生活での痛みはなくなった。

6回目:鍼の響きがなくなってきた。←治っている証拠。

7回目:2週間後に来院。現状維持。様子見。

まとめ

週1を6回、最後に2週間後に治療して様子見としました。

手術レベルの腱鞘炎でしたが、楽器で酷使しながらも少しずつ良くなり、日常生活では痛みが出ないレベルまで改善しました。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

腱鞘炎・ばね指について詳しくはこちら

腱鞘炎・ばね指

この記事に関する関連記事