【症例】手術を勧められた尺骨突き上げ症候群 40代女性

主訴

  • 5ヵ月前にキャリーバックを引っ張った際に手首を捻挫した。
  • 整形外科で尺骨突き上げ症候群と診断され、電気治療をしていたが改善せず、手術を勧められた。
  • 手術はしたくないので、他に治す方法はないかと当院のホームページを見て来院。

症状

手を振る、物を持つなど日常生活での動きで痛い。

安静時に痛みはない。

強制的に手首を反らす動きは嫌な感覚があり、不安。

トリガーポイント鍼療法

  • TFCC損傷
  • 尺側手根伸筋トリガーポイント

施術部位

TFCC部、尺側手根伸筋など。

エコー検査でTFCC部には炎症がありませんでした。

そのため、TFCC部と前腕の筋肉に対して、トリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:尺骨頭下端付近で認知覚あり。

2回目:ズーンやしびれ感など痛みの性質が変わった。

3回目:痛みはなくなったが、ドアノブや強制的に手首を反らすと違和感がある。

4回目:良くなった。たまにチクチクした痛みがあるが、動かすことでの不安感もなくなった。

まとめ

4回鍼治療を行いました。

手術を勧められたことがショックだったようで、鍼治療で改善したことに非常に喜ばれておりました。

手術を検討されている方は、一度ご相談ください。

同じような症状でお困りの方は、ご連絡ください。

TFCC損傷について詳しくはこちら

TFCC損傷

この記事に関する関連記事