【症例】注射での対処を繰り返している腱鞘炎(ドケルバン病) 50代女性

主訴

  • ちょっとした動きで、親指の付け根が痛い。
  • 痛くなったら注射をし、3ヵ月後にまた注射をする繰り返し。
  • きちんと治したいとの思いで当院へ来院。

症状

親指を曲げると痛い。

パソコン作業が多いが、仕事中痛みはない。

トリガーポイント鍼療法

  • ドケルバン病
  • 腕橈骨筋トリガーポイント

施術部位

母指伸筋腱、前腕の伸筋群など

親指側が痛い腱鞘炎は、ドケルバン病といいます。

腱は非常に血行が悪い所なので、痛みが出ると自然治癒が難しいです。

鍼治療で腱の血行を良くすることが根本的に治すためには重要です。

当院では、トリガーポイント鍼療法で施術を行います。

仕事の関係上、2週間に1回の鍼治療を行いました。

症状経過

1回目:細い鍼で患部に刺入。

2回目:鍼後良かったが、動かし過ぎて痛みが戻った。

3回目:良くなっている。痛い日が減ってきた。

4回目:瞬間的な動きで痛みがあり、その痛みが数分続く。

5回目:仕事が忙しく、痛みが悪化した。

6回目:痛みが軽減してきた。

7回目:触ると痛いが、日中の痛みが減った。初回に比べ、だいぶ楽になった。

8回目:2週間痛みがなかった。一旦様子見。

まとめ

良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、完治しました。

腱鞘炎は、瞬間的に痛みが走るので、辛い症状です。

注射で一時的に痛みを抑えても根本的に治りきっていないので、再発することはよくあります。

根本的に治したい方は、ご連絡ください。

腱鞘炎・ばね指について詳しくはこちら

腱鞘炎・ばね指

この記事に関する関連記事