膝外側の骨の出っ張りが痛い!ランナーに多い原因とは?

  • 膝の外側の骨の出っ張りが痛い!
  • ランニングができない!
  • 痛みの原因を知りたい!

このような相談をよく受けます。

この症状は、長距離ランナーに多いことから、ランナー膝や腸脛靭帯炎という病名がつけられます。

この記事では、膝外側の骨の出っ張りが痛い原因を解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.膝外側の骨の出っ張りってどこ?

  • 膝外側の骨の出っ張りってどこ
  • 膝外側の骨の出っ張りってどこ

骨の出っ張りの正体は、大腿骨です。

ちょうど膝の関節を作る場所です。

少し足先の方へいくと、ここにも骨の出っ張りがありますが、これは腓骨という骨です。

おそらく、痛みがあるのは、腓骨ではなく大腿骨の方ではありませんか?

そして、この骨の出っ張りの上に腸脛靭帯があります。

腸脛靭帯は、股関節から膝まで繋がっています。

2.なぜ骨の出っ張りが痛くなる?

膝の曲げ伸ばしをすると、大腿骨と腸脛靭帯が擦れ合います。

ランナーのように長時間走り続けることは、この擦れ合いが過度に起こり、やがて痛みに変わります。

腸脛靭帯に炎症が起こったり、逆に骨にも痛みの原因ができることがあります。

骨は骨膜という膜で包まれています。

その膜に痛みの原因ができます。

骨の出っ張りが痛いと感じるのは、腸脛靭帯か骨膜の2ヵ所に原因があります。

3.痛みの原因はトリガーポイント

トリガーポイントという言葉を聞いたことがありませんか?

トリガーポイントとは、「痛みの原因になる点」という意味です。

トリガーポイントは、筋膜、腱、靭帯、骨膜にできます。

腸脛靭帯炎のトリガーポイントは、大腿骨と腸脛靭帯が走るたびに擦れ合う部分の靭帯骨膜にできます。

4.腸脛靭帯炎を治すには

腸脛靭帯炎を治すには、このトリガーポイントを取り除くことです。

その方法は、鍼治療か自分でケアすることです。

ケアする方法を一つご紹介します。

腸脛靭帯炎を治すには

画像はわかりやすいようにタオルを使っていますが、テニスボールを使うと効果的です。

痛みのある骨の部分は触らず、腸脛靭帯全体を柔らかくすることが大切です。

横になり太ももの外側にテニスボールを当てます。

テニスボールを当てるポイントは、「気をつけ」をしたとき、指先が当たるところです。

その付近を探しながら、気持ち良く感じる場所を圧迫してください。

10秒圧迫して5秒休むを5回しましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?

  1. 膝外側の骨の出っ張りは大腿骨。
  2. 大腿骨と腸脛靭帯の摩擦が痛みの原因。
  3. 腸脛靭帯と骨膜にトリガーポイントができる。

腸脛靭帯炎でお悩みの方は、ご連絡ください。

膝外側の痛み 23歳男性

お客様写真
アンケート用紙

1ヵ月前からランニング中の右膝の痛みが気になっていました。

整骨院などで筋肉はほぐしていましたが、今回初めて鍼治療を行うことにしました。

鍼治療自体は思ったほどの痛みはありませんでした。

症状は改善傾向にあると思うので、今後も続けていこうと考えています。

Q.当院を知る前にどんなことで悩んでいましたか?

ランニング中のひざの痛み

Q.何がきっかけで当院を知りましたか?

ホームページ(ランナー膝 鍼 で検索)

Q.当院を知ってから、すぐに来院しましたか?

はい。

Q.何が決め手となって来院しましたか?

部位等をていねいに診察してから、鍼をやってもらえそうだった。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。