【症例】肘部管症候群の疑いがある肘から手のしびれ 40代男性

主訴

  • 3ヵ月前から左肘~手がしびれる。
  • 仕事で手作業などなく考えられる原因が思い当たらない。(月1でゴルフ)
  • 病院には行っていないが、肘部管症候群ではないかと思い来院。

症状

日によってしびれの強さが違う。

しびれがない日もある。

日常生活に支障はない。

しびれの範囲は、肘内側から前腕の小指側を通り、薬指と小指の手のひらまで。

肘部管を叩くと、しびれが再現される。

トリガーポイント鍼療法

肘部管症候群

施術部位

肘部管、尺骨神経周囲など

問診の結果、肘部管症候群を疑いました。

肘部管症候群は、手の神経である尺骨神経が肘の内側を通るのですが、そこで起こる障害です。

特に小指と薬指のしびれを訴えます。

鍼治療としては、肘部管を通る部分と尺骨神経の周囲に対して、トリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:しっかり響かせる。週1で通院するよう伝える。

2回目:鍼後2日調子良かった。

3回目:前回より多少良くなった。しびれの強さとしびれる日も減った。

4回目:少ししびれがある。初回に比べ、2.3割残っている。

5回目:前回よりしびれが減った。

6回目:少ししびれがある。

7回目:今週は全くしびれがなかった。

8回目:2週間後に来院。全くしびれがなかったので、終了。

まとめ

7回目まで週1、2週間後にしびれがなかったので、完治として終了しました。

鍼治療を続けていくことで、少しずつしびれがなくなっていき、最終的に完治いたしました。

肘部管症候群は、放置していると手の筋肉が萎縮して手術をしないと難しいケースもあります。

そのようになる前にご来院ください。