【症例】頚椎椎間板ヘルニア 50代女性

症状

・1年前から右腕~手までシビレとだるさがある。

・3週間前に整形外科で頚椎椎間板ヘルニアと診断。

・指先のシビレはない。

・仕事中や服を脱ぐときはシビレよりだるさが強い。

運動検査

頚椎後屈(+)

右へ回旋(+)

肩挙上(+)

トリガーポイント鍼療法

【治療部位】

僧帽筋、肩甲挙筋、頭板状筋、頚板状筋、棘下筋、三角筋など

頚板状筋トリガーポイント

腕にだるさやシビレ、痛みがある場合は、首や肩の筋肉が原因となります。

今回は、運動検査や触診により、頚板状筋のトリガーポイントが原因でした。

首の筋肉は、いろんな方向に重なり合っているので、一つの筋肉に不具合があると、他の筋肉も一緒に悪くなります。

ひどくなると、シビレを出すこともあり、早めの対処が必要です。

週に1回治療を行いました。

1回目:朝の脱衣は問題なくなったが夜は辛い。夕方になるとシビレが出てくる。

2回目:重い物を持つとだるさがあるが、脱衣での症状はなくなった。

3回目:週に3回くらい症状が出る。2週間間隔をあける。

4回目:だるさとシビレはなくなった。肩が凝りだした。症状がとれたので終了。

※治療期間は1ヶ月です。

動きにより症状の再現があり、悪い筋肉も特定しやすかったので治癒も早かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加