【症例】腕の痛みと握る動作の辛さ 40代女性

主訴

  • 2週間前から症状が現れ、整形外科で胸郭出口症候群と診断されている。
  • 2年前にも同じような症状があった。
  • 調理の仕事で、同じ姿勢で切ったりするので、右腕が痛く、包丁を握る動作が辛い。
  • 妹の紹介で当院へ来院。

症状

右腕の痛み(特に前腕)

握力がない日もある。

トリガーポイント鍼療法

  • トリガーポイント鍼療法
  • トリガーポイント鍼療法

施術部位

棘下筋、尺側手根屈筋、僧帽筋、肩甲挙筋、頭半棘筋、頚板状筋、菱形筋、三角筋など。

調理時は、肩と腕の筋肉をよく使います。

そこで負担がかかりやすいのが、肩関節後ろにある棘下筋、三角筋、前腕屈筋です。

同じ作業の繰り返しにより、それらの筋肉に負荷がかかり続けることで、筋肉が硬くなり痛みが出ます。

それらの負担がかかっていた筋肉に対して、トリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:細い鍼でしっかり響かせる。

2回目:1週間後に来院。鍼治療後3日目から調子が良くなったが、仕事をしていると徐々に戻ってきた。

3回目:1週間後に来院。普段の生活では問題なくなった。仕事中に前腕がつる感覚があるが、痛みが楽になっている。

4回目:2週間後に来院。良い感じを維持できている。経過良好。月1メンテナンスに移行。

まとめ

週1で行い、症状改善に伴い間隔をあけて治療しました。

このような症状は、仕事柄1ヵ月経つと、筋肉が硬くなってきて再発することがあります。

そのため、月1回鍼治療を継続することで、筋肉をリセットして、体のケアをすることが大切です。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

胸郭出口症候群について詳しくはこちら

胸郭出口症候群

この記事に関する関連記事