コロナ後遺症

当院は、広島市中区上八丁堀にあるコロナ後遺症の施術をしている鍼灸院です。

コロナ感染後から何ヵ月も続く後遺症に悩まされていませんか?

病院での対処が難しく、お困りではありませんか?

コロナ後遺症は、病院だけでなく、鍼灸院での鍼治療という選択肢もあります。

当院は、コロナ後遺症の方もワクチン後遺症の方も施術経験があります。

その中でどのような施術が最適なのか少しずつわかってきました。

当院のコロナ後遺症施術に興味をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

コロナ後遺症とは

  • 倦怠感
  • 疲労感
  • 長引く微熱
  • 関節痛
  • 頭痛
  • 集中力の低下
  • 睡眠障害
  • 腹痛
  • 下痢
  • 息切れ
  • 動悸
  • 脱毛

数多くある症状の中で、倦怠感で悩んでいる方が一番多いです。

当院にも倦怠感で来院される方が圧倒的に多いです。

学校や仕事に行けなくなり、寝たきり状態になることもあります。

周りに理解されず、うつ病ではないの?と間違われるケースもあるかもしれません。

でも決してうつ病などではなく、行きたいけど行けないのが、コロナ後遺症です。

後遺症患者さんを診ていると、慢性疲労症候群と似ていること、自律神経系に影響が残ることが多いです。

当院では、そのあたりに注目して施術を行っていきます。

コロナ後遺症に対する鍼施術

鍼治療

当院の鍼治療は、トリガーポイント療法をベースに施術しています。

トリガーポイント療法は、従来は痛みの改善がメインでしたが、免疫系や自律神経機能に深く関わる施術法として有名です。

参考文献:臨床家のためのトリガーポイントアプローチ

当初のトリガーポイント療法は、痛みの治療を目的として行われていましたが、治療した患者さんの多くが内科的な機能の改善を訴え始めた。

トリガーポイントに鍼をすると、鼻づまり、唾液や涙の分泌、腸運動の亢進、排尿の亢進など副交感神経性の自律神経反射が起こることが判明した。

つまり、トリガーポイント鍼療法により、副交感神経の活動が強くなり、交感神経の活動が弱まるということである。

30歳を過ぎると、誰でも副交感神経の活動が低下して、病気の回復が遅くなるだけでなく、免疫(リンパ)系の活動も低下して、様々な病気にかかりやすくなる。

定期的なトリガーポイント鍼療法で、自律神経機能を維持できれば、免疫系やリンパ系の活性を落とさずにすみ、病気にかかりにくく、もしかかっても治りやすい体力維持が可能になる。(東洋医学的には自然治癒力の向上)

簡単に説明すると、トリガーポイント鍼療法によって、

  • 自律神経機能の回復
  • 免疫力、自然治癒力の向上

が期待できるということです。

鍼治療によって、身体の内面に働きかけることが改善への近道です。

当院では、トリガーポイントを今までの経験則から探し出すだけではなく、超音波エコーを使って実際に目視することで、確実に場所を特定します。

近年の研究により、トリガーポイントは、筋膜、腱や靭帯など軟部組織(ファシア)にできることが解明されました。

エコー筋膜癒着

横に伸びる白い線が筋膜です。

右の方はその筋膜が白く太く写っています。

白く太く写る部分は、筋膜の癒着が起こっており、この部分がトリガーポイントです。

コロナ後遺症患者さんに多いのが首こりを併発しているケースです。

そのため、首付近を中心に施術を行っていきます。

トリガーポイントに鍼を当てることで、筋膜の癒着が少しずつ取れていき、身体機能が整っていきます。

通院目安としては、週1回の治療を10回行うのが理想です。