肘部管症候群(上)

当院は、広島市中区上八丁堀にある肘部管症候群の施術を行う鍼灸院です。

  • 肘部管症候群と診断された!
  • 手がしびれて握力が低下している!
  • 手をよく使う仕事で手を酷使してきた!

このような悩みを抱えていませんか?

肘部管症候群を治すには、鍼灸、マッサージ、電気治療、整体、ストレッチ…

実に様々な施術方法があります。

実際どれが効果的なのか、正直迷うのではないでしょうか?

私は、「正しい理論」に裏付けられた施術方法こそ、肘部管症候群にとって最良の方法と考えております。

当院の肘部管症候群施術に興味をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

肘部管症候群とは

肘部管症候群とは

肘部管症候群とは、指先の運動や感覚を支配する尺骨神経が障害される病気です。

尺骨神経は、腕から指先まで幅広く分布していて、肘付近で障害を受けることが多いです。

肘部管症候群の原因

例えば、肘を机でぶつけたときビリッと指先までしびれを感じることがあると思います。

その現象は、尺骨神経に刺激が伝わったことによるものです。

外からの力で障害を受けやすい神経ということです。

  • 長時間、手や肘を使う仕事
  • スポーツ
  • 骨折
  • ガングリオン

手の酷使が一番の原因となります。

肘部管症候群の症状

  • 小指、薬指(小指側)の痛みとしびれ
  • 手の筋肉が萎縮して骨が浮き出て見える
  • 薬指と小指を完全に伸ばすことができない
  • ボタンをかけにくい、箸が持ちにくいなど指先の細かな動きが難しくなる

小指と薬指以外の指には症状が現れないのが特徴です。

肘部管症候群に対する施術方針

ファシアリリース

当院の鍼治療は、MPS理論に基づいたトリガーポイント療法をベースに施術していきます。

肘部管症候群の原因として「筋膜や神経周囲の膜を含むファシアの異常」が大きく関わっています。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

身体を酷使したり、長時間同じ姿勢でいると、その筋膜に異変が生じ痛みやコリ、違和感を感じるようになります。

肘部管症候群の症状を解消するためには、この筋膜を整え、本来あるべき状態へ導く必要があります。