オスグッド病(上)

当院は、広島市中区上八丁堀にあるオスグッド病専門の鍼灸院です。

  • オスグッド病で運動ができない!
  • 屈伸すると膝が痛い!
  • 痛みで膝が曲がらない!

このような悩みを抱えていませんか?

オスグッド病を治すには、鍼灸、マッサージ、電気治療、整体、ストレッチ…

実に様々な施術方法があります。

実際どれが効果的なのか、正直迷うのではないでしょうか?

私は、「正しい理論」に裏付けられた施術方法こそ、オスグッド病にとって最良の方法と考えております。

当院のオスグッド病施術に興味をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

オスグッド病とは

オスグッド病とは

オスグッド病とは、太ももの前の筋肉である大腿四頭筋が過度の収縮を繰り返すことで、お皿の下の腱の脛骨付着部が刺激を受けて痛みが現れる症状です。

発育期のスポーツをしている男児に多いです。

オスグッド病の原因

膝の屈伸運動では、太ももの大腿四頭筋が動きます。

大腿四頭筋の筋力はとても強く、運動によって膝に過度な負荷がかかります。

ジャンプをすることの多いスポーツでは、なおさら負担がかかり、オスグッド病を発症します。

成長期は、骨のスピードが早い一方で、筋肉や腱は成長スピードが遅めです。

そのため、負担がかかり続けることで、痛みとして現れます。

オスグッド病の症状

  • 膝のお皿の下の骨が出っ張って見える
  • 膝を曲げると痛い
  • ジャンプをすると痛い
  • 痛くてしゃがむことができない 
  • 走ったり階段の昇降も痛い
  • 押しても痛い

オスグッド病に対する施術方針

エコーリリース

当院の鍼治療は、MPS理論に基づいたトリガーポイント療法をベースに施術していきます。

オスグッド病の原因として「筋膜や腱を含むファシアの異常」が大きく関わっています。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

身体を酷使したり、長時間同じ姿勢でいると、その筋膜に異変が生じ痛みやコリ、違和感を感じるようになります。

オスグッド病の症状を解消するためには、この筋膜を整え、本来あるべき状態へ導く必要があります。