手根管症候群(上)

当院は、広島市中区上八丁堀にある手根管症候群治療専門の鍼灸治療院です。

  • 手根管症候群と診断された!
  • 手が痛い!しびれる!
  • 手術はできるだけ避けたい!

このような悩みを抱えていませんか?

手根管症候群を治すには、鍼灸、マッサージ、電気治療、整体、ストレッチ…

実に様々な施術方法があります。

実際どれが効果的なのか、正直迷うのではないでしょうか?

私は、「正しい理論」に裏付けられた施術方法こそ、手根管症候群にとって最良の方法と考えております。

当院の手根管症候群施術に興味をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

手根管症候群とは

手根管症候群とは

手根管症候群とは、手のひらの感覚や手の運動に関わる正中神経が圧迫されて痛みやしびれが現れる病気です。

手首の関節に手根管というトンネルがあり、その中を正中神経や腱が通っています。

この部分で正中神経が圧迫を受け、症状が現れます。

手根管症候群の原因

手根管症候群の一番の原因は、手首の過度な曲げ伸ばし運動ですが、その他の原因もあります。

  • 手の過度な使用
  • 屈筋腱腱鞘炎
  • 血液透析後のアミロイド沈着
  • 妊娠などによる全身浮腫
  • 手関節骨折後の変形
  • ガングリオンなどの腫瘤
  • 糖尿病
  • 関節リウマチ
  • 甲状腺の病気

鍼治療が有効なのは、手首の過度な曲げ伸ばし運動と腱鞘炎が原因の場合です。

過度な運動により、筋肉が硬くなり、正中神経が持続的に圧迫されます。

その圧迫を緩和させる方法として、鍼治療が効果的です。

その他の原因は、他の病気が原因となっているので、鍼治療は不適応と考えられます。

手根管症候群の症状

正中神経が支配している指は、小指以外の4本の指です。

そのため、小指以外の指がジンジンしびれます。

特に中指にしびれを強く感じ、朝方症状が強く現れる傾向があります。

中年以降の女性に発症することが多く、ときに両手に症状が出ることもあります。

また、正中神経は、指の運動にも関わる神経なので、症状が悪化すると、物をつまむ動作ができなくなります。

指の運動障害が現れると、手が猿の手のような形に変形することもあります。

手根管症候群に対する施術方針

エコーリリース

当院の鍼治療は、MPS理論に基づいたトリガーポイント療法をベースに施術していきます。

手根管症候群の原因として「筋膜の癒着、正中神経周囲のファシアの異常」が大きく関わっています。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

身体を酷使したり、長時間同じ姿勢でいると、その筋膜に異変が生じ痛みやコリ、違和感を感じるようになります。

手根管症候群の症状を解消するためには、この筋膜(ファシア)を整え、本来あるべき状態へ導く必要があります。