筋膜性疼痛症候群(上)

当院は、広島市中区上八丁堀にある筋膜性疼痛症候群(MPS)専門の鍼灸院です。

  • 筋膜性疼痛症候群(MPS)と診断された!
  • 痛みが全身に広がっている!
  • 痛みの原因がわからない!

このような悩みを抱えていませんか?

筋膜性疼痛症候群は、あまり一般的ではない病名です。

今まで原因のわからなかった痛みは、筋膜性疼痛症候群かもしれません。

私は、「正しい理論」に裏付けられた施術方法こそ、筋膜性疼痛症候群にとって最良の方法と考えております。

当院の筋膜性疼痛症候群施術に興味をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

筋膜性疼痛症候群(MPS)とは

筋膜性疼痛症候群(MPS)とは

筋膜性疼痛症候群(MPS)とは、筋肉、筋膜、腱や靭帯など組織(ファシアの異常)が原因となって痛みやしびれを引き起こす病気です。

日本では、筋痛症と呼ばれることもあります。

病院でのレントゲンやMRI検査では、そのような組織の状態を確認することができません。

痛みは、骨や神経以外から起こることの方が多いのです。

筋膜性疼痛症候群(MPS)の原因

  • 長時間同じ姿勢
  • 繰り返し動作
  • 過度な仕事やスポーツによる負担
  • ケガや手術後

重い物を持ったり、長時間同じ姿勢など持続的な筋肉への負担が大きな原因です。

通常は、自己回復するのですが、さらに負荷を与え続けることにより自己回復できなくなります。

このような状態が続くと、筋膜性疼痛症候群(MPS)になります。

筋膜性疼痛症候群(MPS)の症状

筋膜性疼痛症候群の症状は、一般的な筋肉痛のような症状とは異なり、痛みやしびれの強さが相当激しく、広範囲に広がっていく特徴があります。

痛みの感じ方は、人それぞれ違いがあります。

特に下半身の症状は、歩くのも難しく、日常生活に支障が出てきます。

筋膜性疼痛症候群(MPS)に対する施術方針

エコーリリース

当院の鍼治療は、MPS理論に基づいたトリガーポイント療法をベースに治療していきます。

筋膜性疼痛症候群の原因として「筋膜、腱、靭帯、脂肪、結合組織などの総称であるファシアの異常」が大きく関わっています。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

身体を酷使したり、長時間同じ姿勢でいると、その筋膜に異変が生じ痛みやコリ、違和感を感じるようになります。

筋膜性疼痛症候群の症状を解消するためには、この筋膜を整え、本来あるべき状態へ導く必要があります。