テニス肘改善(上)

当院は、広島市中区上八丁堀にあるテニス肘専門の鍼灸院です。

  • テニス肘と診断された!
  • テニス肘がなかなか治らない!
  • 物を持つと肘が痛い!
  • 肘の骨の出っ張りが痛い!

このような悩みを抱えていませんか?

テニス肘を治すには、鍼灸、マッサージ、電気治療、整体、ストレッチ…

実に様々な施術方法があります。

実際どれが効果的なのか、正直迷うのではないでしょうか?

私は、「正しい理論」に裏付けられた施術方法こそ、テニス肘にとって最良の方法と考えております。

当院のテニス肘施術に興味をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

テニス肘とは

テニス肘とは

テニス肘は、別名上腕骨外側上顆炎といい、肘関節の外側が痛くなります。

テニスをしているからなるわけではなく、主婦の方でもなります。

逆に肘の内側が痛くなることがあります。

これをゴルフ肘といい、別名上腕骨内側上顆炎と言います。

特にゴルフをしていなくてもなります。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)とゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)の発生頻度は、テニス肘の方が多いと言われています。

テニス肘の原因

  • テニスでの肘への負担
  • パソコン作業や物を持つことが多い
  • 加齢による肘周りの腱の老化

繰り返し動作による肘への負担が大きな原因です。

テニス肘の症状

  • 物を持ち上げるときや手首をそらしたときの瞬間的な痛みや持続的な重だるい痛み
  • タオルを絞る動作や戸の開け閉めでの痛み
  • 安静時は痛みがない。

基本的に手や肘の関節を動かしたときにだけ痛みが現れます。

テニス肘に対する施術方針

エコーリリース

当院の鍼治療は、MPS理論に基づいたトリガーポイント療法をベースに施術していきます。

テニス肘の原因として「筋膜や腱を含むファシアの異常」が大きく関わっています。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

身体を酷使したり、長時間同じ姿勢でいると、その筋膜に異変が生じ痛みやコリ、違和感を感じるようになります。

テニス肘の症状を解消するためには、この筋膜を整え、本来あるべき状態へ導く必要があります。