顎関節症改善(上)

当院は、広島市中区上八丁堀にある顎関節症専門の鍼灸院です。

  • 顎が痛くて口の開閉が難しい!
  • 口を開けると音が鳴る!
  • 無意識に食いしばっている!
  • 朝起きると顎が痛い!

このような悩みを抱えていませんか?

顎関節症を治すには、鍼灸、マッサージ、電気治療、整体、ストレッチ…

実に様々な施術方法があります。

実際どれが効果的なのか、正直迷うのではないでしょうか?

私は、「正しい理論」に裏付けられた施術方法こそ、顎関節症にとって最良の方法と考えております。

当院の顎関節症施術に興味をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

顎関節症とは

顎関節症とは

顎関節症とは、口を開閉するときに顎を動かす筋肉や関節部分の痛みや音がして顎の運動制限が生じる病気です。

顎関節症の原因

顎関節症の原因として、

  • 咀嚼筋の障害(顎を動かす筋肉)
  • 噛み合わせの問題

が挙げられます。

昔は、噛み合わせが原因と思われていましたが、今は、普段の生活の中での筋肉の酷使が大きな要因と言われています。

片方だけで物を噛んだり、無意識下での食いしばりなどで咀嚼筋の持続的緊張が疲労の蓄積となり痛みへと変わります。

顎関節症の症状

顎関節症は、4つのタイプに分けられます。

  1. 咀嚼筋の障害
  2. 関節包や靭帯の障害
  3. 関節円板の障害
  4. 関節の変形

症状としては、痛みがメインとなり、開閉ができない、開閉時に音が鳴るなどが一般的で、首や肩のこり、頭痛を生じることもあります。

咀嚼筋の障害が顎関節症の大半を占め、過度な筋肉への負担が痛みとなります。

顎関節症に対する施術方針

エコーリリース

当院の鍼治療は、MPS理論に基づいたトリガーポイント療法をベースに施術していきます。

顎関節症の原因として「筋膜を含むファシアの異常」が大きく関わっています。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

身体を酷使したり、長時間同じ姿勢でいると、その筋膜に異変が生じ痛みやコリ、違和感を感じるようになります。

顎関節症の症状を解消するためには、この筋膜を整え、本来あるべき状態へ導く必要があります。