頚椎ヘルニア改善(上)

当院は、広島市中区上八丁堀にある頚椎椎間板ヘルニア治療専門の鍼灸院です。

  • 頚椎椎間板ヘルニアと診断され、手術だけは避けたい!
  • 状態が一向に良くならない!
  • 痛みとしびれが辛い!
  • 元々、首や肩が凝りやすい!
  • 薬が効かなくなってきた!

このような症状でお悩みではありませんか?

頚椎椎間板ヘルニアを治すには、鍼灸、マッサージ、電気治療、整体、ストレッチ…

実に様々な施術方法があります。

実際どれが効果的なのか、正直迷うのではないでしょうか?

私は、「正しい理論」に裏付けられた施術方法こそ、頚椎椎間板ヘルニアにとって最良の方法と考えております。

当院の頚椎椎間板ヘルニア施術に興味をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

頚椎椎間板ヘルニアの原因

ストレートネックレントゲン

首には頚椎という骨が7つありますが、1つ1つの骨の間にクッションの働きをする椎間板があります。

その椎間板が何らかの原因で突出して神経を圧迫することで痛みやシビレ症状が出ると一般的には言われています。

何らかの原因ということですが、その人の今まで過ごしてきた生活環境によって違ってきます。

 

  • 普段の生活での繰り返し動作や姿勢によるもの
  • 加齢による骨やその周りの軟部組織の老化

などが原因として考えられます。

特に日常生活での姿勢や首周りの筋肉の酷使が頚椎椎間板ヘルニアの一番の原因です。

頚椎椎間板ヘルニアの症状

頚椎椎間板ヘルニアの症状

頚椎椎間板ヘルニアの症状の特徴は、首~肩、腕、ひどい場合は、指先まで痛みやしびれが強く出ることが多いです。

時には肩甲骨周りにも症状が出て、寝ることも辛くなるケースも見受けられます。

  • 片側に症状が出るパターン
  • 肩こりに似た重だるい症状やズキズキする激痛が強く出るパターン
  • 首の動かし方によって症状が出るパターン

など症状の出方にも違いがあります。

では、なぜ、同じ頚椎椎間板ヘルニアなのに症状がバラバラなのでしょうか?

結論から言いますと、それは頚椎椎間板ヘルニアによる症状ではないからです。

要するに、頚椎椎間板ヘルニアと診断されても、今のあなたの症状はヘルニアが原因ではないということです。

一体、どういうことなのか説明します。

病院ではどのように説明されましたか?

「椎間板が薄くなって(突出して)、神経を圧迫しているから痛い、これが原因です」と言われませんでしたか?

神経が圧迫されて起こるとしたら「麻痺」です。

「麻痺」とは、手足を動かせないのが麻痺です。

このような麻痺状態であれば、神経症状を疑うべきですが、病院でレントゲンやMRIの画像を見せられながら、「椎間板が…ヘルニアが…」などと言われても不安になる必要はありません。

そのような恐怖感や不安が今ある症状を悪化させてしまいます。

頚椎椎間板ヘルニアに対する施術方針

エコーリリース

当院の鍼治療は、MPS理論に基づいたトリガーポイント療法をベースに治療していきます。

頚椎椎間板ヘルニアの原因として筋膜の異常が大きく関わっています。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

身体を酷使したり、長時間同じ姿勢でいると、その筋膜に異変が生じ痛みやコリ、違和感を感じるようになります。

頚椎椎間板ヘルニアの症状を解消するためには、この筋膜を整え、本来あるべき状態へ導く必要があります。