頭痛をロキソニンで抑え効果があっても完治はしていない

頭痛薬

近年、どこでも簡単に薬が手に入るようになりました。

その中でもロキソニンは有名ですね。バファリンもありますね。

痛みの原因物質(プロスタグランジン)の産生を抑制し、痛み、発熱、炎症症状を抑えます。

いわゆる鎮痛効果を発揮する解熱鎮痛薬です。

長年の頭痛持ちの方は、薬で抑えようと考えます。薬で一時的に抑えてもまた痛みが出ます。

その度にまた薬を服用します。

悪循環に陥ります。

薬をやめないといけないと分かっていてもなかなかやめられなくなってしまいます。

  • 頭痛薬を持ち歩かないと不安で仕方ない
  • 薬にたよりたくない
  • 薬を飲んでも治らない

そのような方は、筋肉にできるトリガーポイント治療で根本的に治しましょう!

頭痛の現れ方により原因筋は様々です。

肩甲挙筋

これは肩甲挙筋です。

肩こりの代表筋であり、重い頭のバランスをとっている筋でもあるので、トリガーポイントができやすいです。

慢性化してくると頭痛やめまい、フラフラ感などが出やすくなります。

慢性的な頭痛で悩んでいる方は、トリガーポイント鍼治療を是非受けてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加