【症例】腰を横から押すと触れるしこりの痛み 40代女性

主訴

  • 右腰にしこりができていて痛い
  • うつむく姿勢が痛い
  • 長時間座っていると痛い
  • 症状は2年前からあり、トリガーポイント注射、病院でのリハビリ、接骨院での電気治療、マッサージ、整体など治療してきたが根本的には治っていない

症状

自覚では、筋肉が凝り固まっている感じがする。

走ると振動で痛い。

前屈で痛みあり。

痛みは、鈍痛である。

長時間同じ姿勢が良くない。

トリガーポイント鍼療法

【治療部位】

多裂筋、最長筋、腰方形筋、肋骨突起付近など

腰方形筋トリガーポイント

腰の筋肉のしこりは、この腰方形筋トリガーポイントが原因でした。

腰の横の奥にあるので、マッサージなどでは、なかなか刺激が届かない場所です。

鍼により、集中的に刺鍼しました。

鍼は初めてでしたが、トリガーポイント注射の経験もあり、ある程度の刺激には耐えることができると判断しました。

1回目:特に変化なし。靴下を履くとき股関節の前面が痛くなる。

2回目:鍼後、重だるさが2日続いたが、それが取れると同時に少し楽になった。

3回目:走ると振動で痛みがあったが、今は痛みがない。

4回目:ソファーに座り起き上がるときに鋭い痛みがたまにある程度。

5回目:1回目に比べると痛みが軽減した。

転勤により治療終了。

週一の治療でした。

慢性的な腰痛になっているので、もう少し治療が必要でしたが、5回の治療で効果を実感できて良かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加