【症例】腰の骨の出っ張り(棘突起)を押すと痛い腰痛 30代男性

主訴

  • 1年前から症状があり、前かがみの無理な姿勢で長時間作業をして悪化した
  • 起床時や腰を後ろに反ったときに痛い
  • 第5腰椎棘突起を押すと認知覚が生じる
  • 同じ姿勢で長時間いると痛い
  • 病院では、レントゲン、CT検査で異常はなく、ぎっくり腰のようなものと言われたが、慢性的に痛みがあるので当院に来院

トリガーポイント鍼療法

多裂筋トリガーポイント

触診により、限局的に第5腰椎棘突起に圧痛と認知覚が生じるので、棘突起上と多裂筋をメインに治療を行いました。

1回目:棘突起に鍼を当てると認知覚が出る。鍼直後少し楽になった。

2回目:2週間後に来院。多裂筋と棘突起間をメインに治療。

3回目:仕事関係で2か月後に来院。かなり調子が良いとのこと。少し痛みや違和感はあるが、これぐらいなら大丈夫。転勤により治療終了。

本人の訴えでは、「腰の骨の出っ張りが痛い」とのことでした。

そのため、棘突起の骨膜にトリガーポイントがあると考え、そこを治療しました。

トリガーポイントは、筋肉だけではなく、骨膜にもできることがあります。

「骨が当たって痛い」「骨を触ると痛い」などは骨膜にできるトリガーポイントが原因になっているので、そこに鍼を当てると改善します。

このような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加