【症例】顎がカクカク音がなって痛い、顎が開かない、顎関節症、ストレス、首肩こり 40代男性

主訴

  • 左顎関節がカクカク音がなって痛く、骨がズレる感覚(脱臼しそうな感覚)がする
  • 半年前から気になっていて特に治療はしておらず、昨日からズキンと痛みが強くなってきた
  • 無意識に歯ぎしりをしている、寝ているときに痛みを感じることがある
  • 開口障害あり(口を大きく開けることができない、大きく開けようとすると痛みが強くなる)
  • 強く食いしばると痛いので、反対側で噛むようにしている
  • 最近、仕事でストレスが多く、首肩も凝りやすくなってそれも原因ではないかと思う
  • 身体は疲れているのに寝れない、寝ていたとしても常に緊張している感覚がある

トリガーポイント鍼療法

【治療部位】

僧帽筋、肩甲挙筋、頭板状筋、頭半棘筋、外側翼突筋、内側翼突筋、咬筋、側頭筋など

仕事でのストレスなど自律神経症状も疑われたため、顎関節の治療+首肩こりの治療も同時に行いました。

外側翼突筋トリガーポイント

顎関節症の治療として、外側翼突筋と内側翼突筋トリガーポイント刺鍼が重要です。

肩甲挙筋トリガーポイント

肩・首こり治療として、特に肩甲挙筋の緊張が強かったため、多めに刺鍼しました。

まずは、伏臥位で僧帽筋、肩甲挙筋、頭板状筋、頭半棘筋などをメインに鍼治療をし、次に側臥位で左顎関節、外側翼突筋、内側翼突筋、咬筋、側頭筋に鍼治療を行いました。

1~2回目:眠れるようになった。治療後スッキリする。顎は少しズレて痛いように感じるが前回よりは良い。

3回目:知人に表情が変わったと言われた。前よりは口が開くようになった。起床時、顎が疲れている感覚あり。

4~5回目:首肩こりも楽になってきた。

現在継続治療中。

なかなか治らない顎関節症に鍼治療は、非常に有効です。

今回のようなケースは、顎関節症と自律神経症状も絡んでいるため、同時に治療することで全体的な症状を改善することが必要になります。

顎関節症だけの治療では改善は難しいと思います。

首肩こりもあるときは、一緒に治療することをおすすめします。

顎関節症について詳しくはこちら

顎関節症

顎関節症に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加