【症例】坐骨の骨(坐骨結節)の痛み、梨状筋症候群、腰痛、足裏の痛み 50代女性

主訴

  • 坐骨結節の痛みと腰痛は、2年前から、足裏は1年前から症状がある
  • 腰痛のメインは左で坐骨も足裏も症状は左にある
  • 30年前に腰椎椎間板ヘルニアの手術をしている
  • 普段は座って仕事をしていることが多く、座位時に坐骨の骨と椅子が当たって痛い
  • 病院では、腰痛と梨状筋症候群と診断された(のちにMRI検査をしたが特に異常はなかった)
  • リリカ、メイラックス、漢方を服用している
  • 今までAKAなどいろんな治療をしてきたが良くならず、トリガーポイントにかけて来院

トリガーポイント鍼療法

【治療部位】

腰部多裂筋、大殿筋、中殿筋、梨状筋、坐骨結節部、仙結節靭帯など

梨状筋トリガーポイント

これは、梨状筋ですが、この梨状筋の奥にある仙結節靭帯のトリガーポイントが原因でした。

座っているときに、坐骨が痛いという症状は、この仙結節靭帯が悪くなっています。

1~3回目:少し楽になった。腰が一番楽になった。

4~8回目:痛むとこがはっきりしてきた。初回を10とすると今は3

9~14回目:坐骨の痛みはジンジンする痛みから圧迫感、鈍痛に変わった。

現在継続治療中。

腰臀部の鍼をメインに坐骨の痛みは仙結節靭帯へ刺鍼しました。

初回の状態と比べるとずいぶん楽になり、あと少し坐骨の痛みが残っている感じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加