【症例】首を上に向けた時の左肩~上腕部の痛み、左肩甲骨周りのしこりと痛み、左脇の痛み 40代男性

主訴

  • 病院で、頚椎椎間板ヘルニア(C5.6)と頚肩腕症候群と診断された
  • 整形外科でリハビリをしているが、症状が残っている
  • 左上半身のみ痛い

症状

・左肩甲骨周辺がゴリゴリする感触と痛みがある

・顎を引いた状態から首を上に向けようとすると左肩から上腕まで痛みが出る

・左肩を挙げたり下げたり回すと左胸が痛い、筋肉が張る感じ

・現在は、シビレより痛みが中心

・左回旋後屈で左肩甲骨上角に痛み

・左回旋後屈、肩挙上で痛みが楽になる

・右回旋後屈で左上腕痛

・右回旋前屈でTh6から肩甲間部まで痛み

・左回旋前屈で痛みはないが、伸びにくさあり

トリガーポイント鍼療法

治療部位】

頚部の多裂筋、頭半棘筋、肩甲挙筋、肩甲間部、棘下筋、胸骨付着部など

頭半棘筋トリガーポイント

特に、頭半棘筋と多裂筋の緊張が原因と考えられました。

まずは、伏臥位で首から肩周りに置鍼をし、その後仰臥位で胸周りに置鍼をしました。

運動検査により、より悪い筋肉を特定することができたので、今後計画的に治療をすると改善する症例と思います。

まだ、治療開始して1回目なので、今後の効果に期待です。

おそらく、5回ほどの治療で症状が半分以下にはなると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加