【症例】右肩甲骨の下のチリチリするしびれ 40代女性

主訴

  • 1年前から右の肩甲骨の下の辺りが手を前に伸ばすとチリチリしびれる。
  • 病院で診察を受けても原因がわからず、整骨院や整体へ週2回1ヵ月通院したが変化が出ない。
  • 自分では、首から背中にかけての神経に問題があるのでは?と不安である。

症状

・前倣えのように手を前方へ伸ばすとチリチリしびれる。

・姿勢を正すと症状は消える。

・詳しく問診を聞いていると、肋間神経痛ではないよう。

トリガーポイント鍼療法

多裂筋トリガーポイント

エコー検査や触診をしていると、1ヵ所だけピンポイントでしびれの原因を発見しました。

肋骨でした。

肩甲骨の下の肋骨の骨膜にできるトリガーポイントが原因でした。

手の動きによって症状が出ているので、筋肉が原因かなと考えていましたが、前倣えの姿勢で広背筋などが肋骨を圧迫することで、しびれが出ていると判断しました。

【治療部位】

右肋骨骨膜など

1回目: 触診によりピンポイントでしびれの位置がはっきりしたので、その部分に集中的に刺鍼。鍼が初めてで不安感もあったため、細めの鍼で治療。

2回目:治療後、少し変化があった。前は1時間に5回しびれを感じていたが、今は1時間に1回しびれを感じる。しかし、今度はしびれを強く感じるように。チリチリするしびれから今はピリピリするしびれに変わった。初回の鍼治療後、3日調子が悪く、悪化したかなと思ったが、その後楽になったので、びっくりした。

3回目:今度はしびれがピリピリからビリビリに変わった。しびれの場所が外側に変化している。しびれを感じる回数は減っている。

継続治療中。

まとめ

1年前からの症状なので、完治まで少し時間がかかる症例です。

首の動きでしびれが出ないこと、手の動きでしびれが出ることなどを考えると、首が原因ではないことがわかります。

3回治療しましたが、しびれの感じ方、強さ、回数、場所などが変化しています。

変化しているということは、効果が緩やかではありますが、出ているということなので、継続して治療をしていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加