【症例】腰部脊柱管狭窄症 50代女性

症状

・一昨日、腰部脊柱管狭窄症と診断された。

・3ヵ月前から症状があり、血液循環をよくする点滴を10回した。その後神経ブロックをすると言われた。

・症状に変化がないなら手術をすすめられている。

・右殿部~大腿部裏~下腿後面が痛だるい。

・50m以上歩けない。つま先立ちできない。

・歩行、長時間坐位、車のブレーキを踏むとき力が入らない。

トリガーポイント鍼療法

大殿筋トリガーポイント

目標はとにかく普通に歩けるように!

【治療部位】

多裂筋、最腸筋、大殿筋、中殿筋、仙結節靭帯、ハムスト、腓腹筋

ももの裏~ふくらはぎにかけて痛みが強く出ていたので、大殿筋も丁寧に治療していきました。

腰部脊柱管狭窄症の治療は、腰椎椎間板ヘルニアに比べて治りが悪い傾向にあり、症状に応じた治療が求められます。

遠方からの通院のため、来れる範囲で治療を行いました。

1回目:直後効果は特になし。

2回目:治療後かなり楽になった。

3回目:腰が気になり出した。

4回目:1回目の痛みが10だとすると今は2、3くらい。一旦終了。

ここまで1ヵ月と3週間です。

治療間隔は、2週間に1回です。脊柱管狭窄症の完治は非常に難しいです。

4回の単発の治療でここまでの改善は上出来だと思います。

痛みなく歩けることが目標だったので、ひとまず様子見となりました。

腰部脊柱管狭窄症について詳しくはこちら

腰部脊柱管狭窄症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加