ズキンと痛む頭痛の原因と治療

頭痛

ズキンと痛む場合は、こめかみ、側頭部あたりが痛むケースが多いように思います。

鋭い痛みなので、ひどくなると目の付近まで痛みが飛びます。

その多くが側頭筋からの関連痛か頭板状筋、頭半棘筋などの頚の筋肉の関連痛が原因です。

側頭筋

これが側頭筋です。

側頭筋のトリガーポイントが活性化すると、側頭部や目の周囲へ痛みが出ます。

頭半棘筋

これは頭半棘筋です。

頭痛治療には外せない筋肉です。

特にストレートネックなどによる筋疲労の蓄積にはこの筋はとても重要です。

頚は多くの筋肉が重なり合い摩擦やストレスがかかり、トリガーポイントが形成されやすいです。

そのため、筋緊張状態が続くと頭痛やめまいなどの症状が出やすくなります。

特に長年の頑固な症状は、頚の奥の筋肉のトリガーポイントが原因なので、しっかり奥まで届くトリガーポイント鍼治療を受けることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加